So-net無料ブログ作成

人そのものが音になってるような [Diary]

和太鼓グループ「森のももんが団(仮名)」のライブ。
いつも仮名で書いてますが、実名は下の手作り感あふれるセットリスト(笑)を参照。
img011.jpg
彼らのライブを見ていていつも思うことだけど(そしてその度に書いてることだけど)、生演奏というのは、本当にその人自身がむき出しになるものなんだなあ、と。どんな楽器でもそうだけど、打楽器、特に太鼓は特別そうだと思う。

Tomo.さんも言っていたけど、ぼくらは音楽だけじゃなくて、たぶん「人」が好きで、だから「人」そのものを見せてくれる、「人」そのものが音になってるような彼らの演奏が、好きなんです。

グループとしては、見るたびに人の出入りがあって(今回は特に新しい人たちが何人もいたし、ものすごく若い人もいたし)、それに合わせて雰囲気は変わるけど、そのむき出し感だけは変わらない。

職場の同僚・Z子の本調子も久しぶりに見せてもらいました。

※※

そして、これほどストレートに他人との壁をぶち破るような手段を自分は持ってるだろうか? ともいつも思います。そのぐらい強い言葉を作ってみたい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。