So-net無料ブログ作成

(笑)が大切なこともある [Diary]

大学の同級生が亡くなった。

もう十年以上も会ってないのだけど、奥さんとも仲が良かったこともあり(大学時代、彼らが付き合い始めたことをいちばん最初に聞かされたのはぼくなのだ)、彼女のことも気になったので、迷ったあげくに午後休みをとって行くことにする。

「私事」で同僚に迷惑をかけてまで行くことにはしたのだけど、そして実際に近くまで行ったのだけど、別の友人にこの間の事情を聞いて(それは書かない)、いろいろいろいろ考えて、結局今日は会わないことにした。そのかわり電話で彼女と少しだけ話す。

ひさしぶり。
ひさしぶり。
ていうのも変だね。
そうだね。
だいじょうぶ?
だいじょうぶだよ。
行こうと思ったんだけど。
うん。
とりあえず行かないから。
うん。
何かできることがあったら言って。
ありがと。
ないかもしれないけど。
ないね(笑)。
でも行こうと思って会社休んだから(笑)。
ありがと(笑)。

みたいな、短くて思いのほか明るい会話。

ときには、型どおりの言葉よりも(笑)が大切なことがある。そして(笑)を共有できることが大切なこともある。と、思いたい。

また、明日からがんばって生きよう。時間を無駄にしないように。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。