So-net無料ブログ作成

私たちは消費者ではない [レオ・バボータ関連]

原文:we are not consumers
この記事は、Leo Babautaさんがブログ「mnmlist」でUncopyrighted(コピーライトなし)として公開されている記事の日本語訳です。原文同様、この日本語訳もUncopyrighted(コピーライトなし)とします。

無駄なものを買わないよう努力している人の間にさえ、自分たちのことを「消費者」と呼ぶ傾向がある。企業は消費者を満足させる必要がある/私たち消費者は何にお金を払うかによって意志を示す必要がある/消費者を守るための番人が必要だ/景気後退が続く間、消費者は購買行動を控えている。等々。

もういい加減にしよう。私たちは消費者ではない。
私たちは人だ。

このような企業用語で括られることを自ら許すとき、私たちは大量消費主義に屈することになる。私たちは、ものを買うことを前提に議論が進められることを許してきた。オーガニック製品を買うべきか、国産品を買うべきか? 消費者を保護するにはどうすればいいか? 消費者に権利はあるか? お金を最も有効に使うにはどの商品を買えばいいか? 賢い消費者になるにはどうすればいいか? 倫理的・自覚的な購買選択によって社会の変化に影響を与えるにはどうすればいいか?

しかし、そもそも買うべきなのかどうかという質問はどうだろう? その質問は窓から放り捨てられることになる。なぜなら、用語の中でそう決められてしまっているからだ——私たちはconsumer(消費する者)なのだと。もちろん私たちはものを買う。問題はどのように、いくらで、どこで、誰から、どのくらい買うかということだ。

自らを消費者だと考えることを止めて、「人」と呼ぶようになるとき、私たちは改めてその質問を問い直すことになる。そもそも、ものを買う必要があるのか? ものを買わずに生きることは可能なのか?

そのことについては「society, reimagined(社会を再考する)」という記事の中で、少しだけ書いた。自ら食べるものは自ら作ることができること、必要なものは全て作ったり交換したり分けあったりできること。それは可能だ——もちろん可能だ! 人間(消費者ではない)は何十万年もの間、そして文明社会が訪れてからも少なくとも一万年の間、そうしてきたのだ。もちろん部族社会での話だが、もっと大きな社会でもそうしてきた。企業の基本単位=消費者を基礎としない社会では。

トライバリズム(部族制)への回帰を提唱しているわけではない。議論の前提を変える必要があると言っているのだ。私たちは自らを消費者と呼ぶことを止めなければならない。そして今とは違うやり方が可能になるよう、心をオープンにしなければならない。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。